香港理工大学、スクール・オブ・ファッション&テキスタイルの設立を発表 革新的で創造的なファッション人材を育成し、グレーターベイエリアにおける可能性を拡大



香港特別行政区 - Media OutReach - 2022年9月13日 - 香港理工大学(PolyU)は、香港特別行政区設立25周年を機に、インスティテュート・オブ・テキスタイル&クロージング(紡織および服装学院、ITC)を正式に昇格させ、PolyU内の3つ目の独立したフラッグシップスクールとして、スクール・オブ・ファッション&テキスタイル(SFT)を設立することを発表しました。去る9月2日、同大学のジョッキー・クラブ・イノベーション・タワーにおいて、開校式が行われました。

スクール・オブ・ファッション&テキスタイル開校式に列席の来賓の方々:
香港理工大学 理事長 Dr Lam Tai-fai(林大輝、写真中央)、香港理工大学 学長 Prof. Jin-Guang Teng(滕錦光、左から3人目)、香港理工大学 副理事長 Lawrence Li Kwok-chang(右から3人目)、スクール顧問委員会委員長 Shirley Chan(左から2人目)、香港特別行政区立法委員会紡織・服飾部門委員 Sunny Tan(右から2人目)、SFT学部長代行Raymond Wong(左端)、香港理工大学 副学長兼プロヴォスト Wing-tak Wong(右端)

SFTは、ファッションとテキスタイル分野における教育と革新的な技術研究とを統合した国際的な教育機関として、今後、総合的に卒業生、ひいては香港のファッションおよびテキスタイル業界の競争力を高めていくと同時に、粤港澳大湾区(グレーターベイエリア)市場の発展に沿った展開を模索していきます。SFTはファッション業界をけん引して社会的なインパクトを創造するとともに、研究活動や革新的で卓越した能力を活用して、さまざまな問題に対するソリューションを提供していくことを目指しています。

SFT開校式でスピーチする香港理工大学 滕錦光学長

SFTの持つ世界トップクラスの教育と学術分野における業績は広く知られるところです。世界中から集まった各分野の研究者によって、ウェアラブル、スマートテキスタイル、医療用テキスタイル、機能性衣料、ソーシャルファッションデザイン、サステナブルファッション、デジタルファッション・マーケティング、ファッション業界におけるサプライチェーン管理など、さまざまな分野で業界をリードしています。

米国スタンフォード大学の2021年の報告書によると、ITCの13名の教授陣は、世界の科学者の上位2%にランクされています。さらに、米国のビジネス誌CEOWORLD magazineの「2022年の世界のファッションスクールランキング」で、SFTはアジアで2位、世界全体で43位にランクされています。SFTは社会的インパクトをもたらす重要なマイルストーンもこれまでいくつも達成してきており、昨年、香港の大学教育資助委員会(UGC)の「2020 リサーチレビュー」で高く評価され、クリエイティブ・アート、パフォーミング・アートおよびデザイン分野におけるSFTの研究はUGCの資金調達を受けた8つの研究機関の中で最高ランクに評価されました。

開校式は、香港特別行政区立法委員会紡織服飾部門委員 Sunny Tan氏、香港理工大学(PolyU理事長 林大輝氏および滕錦光学長、SFT諮問委員会委員長Shirley CHANをはじめとする来賓の臨席の下で開催されました。

式ではまず、PolyU滕錦光 学長が、「当大学の3番目の独立フラッグシップスクールとして、このスクール・オブ・ファッション&テキスタイル(SFT)が開設されたことは喜びに堪えません。新たなスクールによって、卓越した教育と研究の幅がさらに押し広げられていくでしょう。SFTはファッションおよびテキスタイル分野の教育をはじめ、学際的な研究や連携における世界最高の拠点となることを目指しており、香港が世界有数のファッションの中心地へと発展していく上で極めて重要な役割を担うことになります」と述べました。

また、SFTの顧問委員会のShirley Chan委員長は次のように述べています。「新しいスクール・オブ・ファッション&テキスタイルでは、新たに教育、研究および産学連携に重点を置いていきます。PolyUは1957年の創設以来、ファッションおよびテキスタイル分野における教育・研究において、アジアのみならず世界のトップを走ってきました。今回、ITCからSTFへの移行は、長年にわたってこの分野の教育におけるリーダーの地位を維持し続けて来たことの現れと言えます。」

ファッション・テキスタイル業界において先進技術に対する需要が高まっており、SFTはこうした状況に対処するために国内外で産業界と密接に連携してナレッジトランスファーを導入し、革新的で先見性に富んだテクノロジーの応用を進めています。Nu-Torque™のシングル・リングヤーン技術、医療用、スポーツ用、ヘルスケアアプリケーション用のパーソナル姿勢トレーニングシステム、インテリジェント3Dヒューマンモデリング技術などの大規模プロジェクトも進めており、いずれも業界に画期的で広範な影響をもたらしています。新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に際しては、抗ウイルスの3D印刷素材をはじめ、再利用可能な抗ウイルスPU30マスクや防護服の開発に成功しただけでなく、政府やNGO、支援を必要とする人たちとの密接な関係を保ち続けました。

SFTでは学術や技術の分野における教育・研究を促進していくために、さらに多くのリソースを振り向けています。市場の先進技術の需要に最大限に応えられるよう、時代の流れに応じた課程を組み、人工知能(AI)、デジタルファッションデザイン、eコマースや持続可能な開発など新たな科目がプログラムに追加されました。今回刷新された学部課程のプログラム、ファッション学士号(BA)課程とグローバルファッション・マネジメント専攻の修士課程(MA)は、デザイン、ビジネス、テクノロジーの3つが一体となった、ファッションに関するあらゆる側面を網羅した質の高い、まさに一流の教育を実現するもので、ファッション人材に対する国内や地域、世界におけるファッション人材の需要に応えるものです。

Hashtag: #PolyU #PolyUFashion #PolyUSFT #HKFashionSchool

Công ty phát hành chịu trách nhiệm cho nội dung của thông báo này
スクール・オブ・ファッション&テキスタイル(SFT)について
スクール・オブ・ファッション&テキスタイル(SFT)について
これまでインスティテュート・オブ・テキスタイル・アンド・クロージング(紡織および服装学院、ITC)の名称で知られてきたスクール・オブ・ファッション&テキスタイル(SFT)は、香港のファッションおよびテキスタイル分野における教育の草分け的存在です。1957年の創設以来、SFTはファッションとテキスタイルの分野で世界トップクラスの教育機関へと発展し、ファッションやテキスタイル技術、デザイン、販売とマーケティング、下着やスポーツウェア、ニットウェアのデザインや技術など、幅広い分野を網羅するカリキュラムを提供しています。SFTの広範にわたる画期的な研究やイノベーションは世界の繊維業界やファッション業界の発展に大きく貢献し、1950~60年代には製造・販売の拠点であった香港を、現在のようなファッションデザインやクリエイティブ、ブランディングの世界的ハブへと変貌させました。

スクール・オブ・ファッション・アンド・テキスタイル(SFT)のウェブサイト:
NGUỒN:

PolyU

DANH MỤC:

Education

ĐÃ XUẤT BẢN VÀO:

13 Sep 2022

Thông cáo báo chí trước đây

Chi tiết hơn

Đối thoại với Media OutReach hôm nay

LIÊN HỆ VỚI CHÚNG TÔI NGAY BÂY GIỜ